チャン・オクチョンのあらすじ・感想/実在した人物との比較は?

韓国ドラマ

「愛し過ぎたことが罪になる」

この強烈なキャチフレーズのように切なくも美しい愛を描いた歴史的壮大なラブストーリーです。

主演は「天国の階段」のキム・テヒ。彼女にとっては初の時代劇と言う事でも話題になりました。

ここでは朝鮮三代悪女の「張禧嬪(チャン・オクチョン)」がモデルになり一人の女性の波乱万丈な生涯が描かれています。ラストシーンでは思わず涙腺崩壊・・・

今回は「実在した三代悪女とドラマとの比較」もふまえて「チャン・オクチョン」のあらすじと感想を紹介していきます。

スポンサーリンク

チャン・オクチョンのあらすじ

賎民と言う低い身分でありながら韓服を作る才能を持つオクチョン(キム・テヒ)の元へ、後のイニョン王后となるミン家のお嬢様(ホン・スヒョン)が妃選びの服を探しに訪ねて来た。そこで、蝶が浮き出たような美しい服をすすめるが、男を挑発するような下品なデザインだと怒らせてしまう。

その時、一行の一番後ろにいた女の子(後の淑嬪)(ハン・スンヨン)がアクセサリーを盗みオクチョンに見つかるが、今回だけはと見逃してやる。この時の出会いが後の三人の女たちの運命を大きく変えていく事になる。

一方、王宮では世子の妃撰びが本格的になっていた。オクチョンは叔父に言われるがまま世子の韓服の寸法を測るために王宮に出向きそこで初めてスン(後の朝鮮第19代王粛宗)(ユ・アイン)に出会うのだが、スンはオクチョンの美しさに引き込まれてしまう。

先王が崩御し、スンが即位する頃は大王大妃率いる南人派と大妃率いる西人派の二つの勢力が激化してた。そんな中、大妃が可愛がっていたイニョン王后に子供が出来ないため、大王大妃がこれを機に自分の味方に付ける器量良しの娘はいないか?と甥に相談する。

そこで美しいオクチョンに白羽の矢が射さり大王大妃お付きの針房の女官となる。こうして王宮入りしたオクチョンはスンと再会し、お互いに強く惹かれ合い側室となる。

やがてお世継ぎを生み、一時は大后にまでなったが、陰謀が渦巻く宮中で、この幸せは果たしていつまで続くのか・・・

スポンサーリンク

チャン・オクチョン(実在した人物)の感想

オクチョンが三代悪女の一人と言う事で興味をそそられ見始めたのですが久しぶりに良いドラマを見たなと言うのが率直な感想でした。

オクチョンを演じるキム・テヒさんの美しい事!どのシーンでもどの角度から見ても全く隙がなく、この方の姿を見られただけでも大満足です。

「天国の階段」の時は意地悪な役でしたね。

王を演じるユ・アインさんは「成均館スキャンダル」で大ブレイクしましたが、どちらかと言えば童顔なので大人っぽい色気を持つキム・テヒさんと合うかな?と最初は思いましたが、抑揚ある喋り方や堂々たる立ち居振る舞いはとても魅力的で強い王様そのもの。さすがだなと思いました。

オクチョンが宮廷のデザイナーと言う設定で、最初の頃、現代のパリコレのようなファッションショーを手がけるシーンが流れたのが最高に素敵でうっとりしました。

その後、宮廷に上がってからのお話がやはり面白くて毎回時間を忘れて見入ってしまい気が付けば最終回になっていました。

特に今でも忘れられないのは、王様の寵愛を独占したオクチョンが、「私の手を離さないで下さい」と言えば「お前が離さない限り決して手を離す事はない」などと何度も確認し合い、こちらが恥ずかしくなるくらい二人の熱々ぶりを見せつけられた事です。

子供を生み、さらに幸せな家庭を築くと言いたい所ですが、陰謀と野望の渦まく恐ろしい王宮の中で子供を取られてしまったり、最後は愛する人の命により生涯を終えなければならなかったりと、何ともやるせない気持ちにもさせられました。

しかし、このドラマは本当に見どころが満載過ぎて語り尽くせません。

スポンサーリンク

実在した朝鮮三代悪女とドラマ「チャン・オクチョン」との関係は?

韓国時代劇の中でお馴染みの「三代悪女」の事を少しまとめてみたいと思います。何故悪女と呼ばれたのか?その理由が知りたいところです。

朝鮮王朝時代に「三代悪女」と言われる実在の人物がいます。

一人目はチャン・ノクス、二人目はチョン・ナンジョン、そして最後がチャン・ヒビン(オクチョン)です。この三人に共通するのは、身分が低い事、とびきりの美人である事から宮廷入りをするです。

それぞれの人物について見ていきましょう。

【チャン・オクチョン実在した朝鮮三代悪女】張緑水(チャン・ノクス)

まず一番手は、張緑水(チャン・ノクス)です。生まれた年は不明ですが1506年に死去しました。配偶者は第10代国王燕山君です。

家奴である男性との間に生まれた子供と夫を捨て妓生(芸子)となります。

容姿は30歳を過ぎても10代の娘に間違われたほどで、声も美しく、燕山君は立腹した時も彼女の姿を見るたけで喜び笑うほどだったそうです。

そんな彼女は王の寵愛をもとに権力を濫用し、王宮外にも私邸を作り、その時に近隣の家を破壊までしたそうです。そのような悪行の数々から、夫が廃位された後は斬首にされ放置された遺体には民から唾や石を投げつけられたり、その石の多さに石塚が出来上がったとまで言われています。

張緑水がモデルになったドラマには「王と私」などがあります。

【チャン・オクチョン実在した朝鮮三代悪女】鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)

二番手は鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)です。こちらも生年は不明ですが1565年に死去しました。配偶者は文定王后の弟にあたる尹元衛です。

妓生の時、尹元衛と出会い側女となってから義姉の文定王后と親しくなり巨額な富を得たばかりでなく、正妻を追い出しその後毒殺して自分がその地位に座ります。

しかし、その義姉である王后が亡くなるとその後ろ盾を無くし地位を失うと共に先の毒殺の罪も問われ、一時身を隠したのですが連行される前に服毒自殺をしました。

使用人も拷問により全て死亡したそうですが、誰一人としてチョン・ナンジョンを毒殺犯だと認める人はいなかったそうです。

主な出演ドラマは「女人天下」「オクニョ 運命の人」などです。

【チャン・オクチョン実在した朝鮮三代悪女】禧嬉張(チャン・ヒビン)

三番手は、禧嬉張(チャン・ヒビン)実名は玉貞(オクチョン)です。生年は1659年で1701年、42歳で死亡しています。配偶者は第19代国王粛宗です。

禧嬉張は他の二人と違い通訳官と下女の間に生まれた「中人」と言う身分でした。

針房女官として宮中に入り王の寵愛を受けましたが、大妃(西人派)から嫌われていたため宮廷から追い出されてしまいますが、大王大妃(南人派)により再度宮中に戻って来ます。

やがて王子を生んだ功労が認められ側室の最上位まで昇進します。代わりにイニョン王后(西人派)が廃位となり南人派の彼女が王妃の座につきますが南人派が必要以上に増長する事を恐れた王がまたまたイニョン王后を復位させ、彼女は王妃から「嬪」と言う位に格下げされます。

その後、イニョン王后が病気で亡くなると反対派閥から、巫女を使い王后を呪い殺したと訴えられ、その事に激怒した王から服毒による自殺を命じられてしまいその生涯を閉じました。

主なドラマは「トンイ」「チャン・オクチョン」などです。

三代悪女のおおまかなプロフィールが出揃ったところで、2013年にSBSで放送された「チャン・オクチョン」と言うドラマに戻ります。

スポンサーリンク

実在した朝鮮三代悪女の一人「チャン・オクチョン」はどんな人?

今回のこのドラマに登場するオクチョンは3番手の悪女として紹介した禧嬉張(チャン・ヒビン)の事です。しかし、描かれていた彼女は悪女と言うより、おおらかで真面目な性格でファッションに興味を持つ手先の器用な普通に優しい女性でした。

宮中入りをしたのも、大王大妃や叔父の野望により仕組まれた事でした。愛する人と子供と幸せなりたい!この二人のためならば自分の身はどうなっても構わないとまで思える強い人です。

史実によるとライバルのイニョン王后を呪い殺したとされていますが、確かに激しく対立し、顔を合わせれば口喧嘩をしていたのは事実ですが、心の中ではお互いを尊重し合い、王后が亡くなる直前には和解し手を握り合い涙を流したほどです。

オクチョンは後から西人派が送り込んだ王の側室である「淑嬪」の罠にかかり王后を呪い殺したと濡れ衣を着せられてしまいました。

王もオクチョンは無実だと理解しながらも西人派に逆らえず愛する女性に服毒死を命じる他なかったのです。

オクチョンの揺るぎない強い愛は最後まで王と子供を守りました。

このように史実とは少し違った感じでオクチョンが素敵に描かれていると言ったほうがいいかもしれません。

しかし、どちらにしても彼女のすざましい人生には変わりはありません。

スポンサーリンク

チャン・オクチョンのあらすじ・感想/実在した人物との比較は?まとめ

最後まで強い絆で結ばれた二人でしたが、現在は粛宗王の墓のすぐ隣に寄りそうようにオクチョンは眠っています。オクチョン42歳、王は60歳でした。

またこのドラマの中に登場するオクチョンを死に追いやった「淑嬪」は別のドラマでは「トンイ」にあたりますが、「トンイ」がすごくいい子だったのに対して、ここではかなり意地悪な別人になっています。

それゆえ、「トンイ」を先に見た人はちょっとショックが大きいかもしれないので、気持ちを切り替えて見て欲しいと思います。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました